造顔のたなかゆくこの警告

アクセスカウンタ

zoom RSS 田中宥久子 効果教室

<<   作成日時 : 2009/03/06 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


田中宥久子(たなかゆくこ)の化粧.美顔術と体験談

造顔マッサージの田中宥久子が、テレビのテレビ朝日系「たけしの本当は怖い家庭の医学」や日テレの「世界一受けたい授業」にでてましたね〜。

造顔マッサージの田中宥久子に興味があるなら、若返りには欠かせない肌の美白や顔のシミ、ソバカス、顔のシミ、目の下のクマ対策も欠かせませんよね。


と言うことで、素顔のコンディションを整える田中宥久子の前にしっておきたい、造顔の準備をご紹介★


造顔マッサージなどここ数年、美白という言葉も誰でも知っているくらいにメジャーな言葉になりました。

愛される価値のある女性にとって「美しい肌」は永遠のテーマですね。 しかし、化粧品を使って肌の表面ばかりに気をつかう間違ったケアをしている人がとても多いようです。

体整形マッサージに興味があるくらいですから、「美しい肌」になるためにはどんなケアが良いでしょうか? 乾燥肌、しみ、くすみなど様々な肌トラブルの原因には、このまちがったスキンケアも関係があります。

肌の潤いを逃がしターンオーバーが乱れたり美白の妨げにもなっているのです。

肌を栄養学的に考えれば、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウムなどが「美しい肌」に効果的です。

それ以外には、代謝を高めるビタミンA(β-カロチン)、肌の材料になるタンパク質も効果的です。

たくさんの栄養素があります。だからといってサプリメントなどで急に摂るのは、無理がありますし気持ちの負担にもなります。1週間単位で摂るように考えると続けられるでしょう。 1日1.5〜2リットルの水(ミネラルウォーター)を飲むことも理想的です。

年齢とともに、体内の水分はどんどん減少しますので、アンチエイジング&素肌と皮膚の新陳代謝のためにも普段から意識して水分補給をすることも大切です。


疲れやストレスをためることは、「美しい肌」には逆効果です。日々頑張ってスキンケアを行い、良い栄養素を摂るように心がけていても台無しです。リフレッシュすることも大切です。 健康な体があってこそ「美しい肌」になれるのです。

心身ともに女性らしく健康じゃないのならば、肌のターンオーバーも乱れますしトラブルの原因にもなります。まずは健康な体を維持して、敏感肌でも肌にやさしいスキンケアを心がけてみませんか?


たなかゆくこ


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田中宥久子 効果教室 造顔のたなかゆくこの警告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる